胸に関する悩み

陥没乳頭(陥没乳首)は放って置くとマズイ?マッサージや手術で治す方法とは?

陥没乳頭(陥没乳首)でいてもなんの不自由もないよ~なんて思ってる女性も、もしかしたらいるのではないでしょうか?放って置くとマズイのでしょうか?

今は不自由がないからと、何もせずに放っておくのは、はっきり言って「マズイ!」といわざるをえません。
子供が産まれて母乳を上げる時に困りますし、ずっと乳首が出ない状態ですとその周りに菌が繁殖して病気になる恐れもあります。

実際、陥没乳首なのだけれども、どうしたら良いのかわからずにいる女性も多くいることでしょう。

今回、そんな悩みを抱えている女性に陥没乳首の原因や、改善する方法を紹介していきたいと思います。セルフケアやマッサージをはじめ、手術で治す方法もあります。ぜひチェックして自分に合う治し方を見つけて下さいね。

陥没乳首とは一体なに?

通常の乳頭と扁平乳頭と陥没乳頭
上の画像は陥没した乳首の度合いを、絵にしたものです。

通常の乳首そして扁平乳頭・陥没乳頭となっており、お分かりのように乳頭の出っ張り度が違っています。

陥没乳首とは、乳頭部分が埋もれていて陥没していて、乳輪の奥に入ってしまっている状態になります。

乳輪とほとんど変わらない高さ、少しだけ出ている状態を扁平乳頭と呼ばれています。

成人の女性の1割は、陥没乳首だと言われています。10人に1人が陥没乳頭ということになりますが、女性だけではなく男性にもこの症状になっている人もいます。

陥没乳首の度合いレベルについて

乳首に刺激を与えると突出するのが、軽度の仮性陥没乳頭です。

乳首はなんとかつまんで突出させることができるが、離すと戻ってしまうのが中度の仮性陥没乳頭です。

乳首に刺激を与えても突出しないのが、重度の真性陥没乳頭になります。

陥没乳首になる原因とは?

陥没乳首になってしまう原因を大きく分けると2つになります。

先天的な原因と後天的な原因です。まず、先天的な原因は生まれたときから陥没乳首になっているということになります。

この原因の理由は繊維組織の開発が未発達の状態になっていることで、乳首が陥没しているということです。

生まれつき陥没乳首の人も、思春期になって乳腺の成長過程によって陥没乳首が治るケースもあります。

また、生まれついての陥没乳首にも、刺激で突出する軽度のタイプ(仮性)と常に陥没してしまっている重度のタイプ(真性)があります。

後天的な原因には、思春期に女性らしく成長する過程で、乳腺と乳管が成長して発達するのですが、思うような発達をしないで乳管が固くなることで、乳首が陥没してしまう状態になるとされています。

陥没乳頭だと授乳ができないの?

授乳

陥没している状態だと、赤ちゃんが乳首をしゃぶることができませんので、上手く母乳を吸うことができません。

程度にもよりますが、軽度または中度の仮性陥没乳頭で乳首を押し出すことが仮に出来たとしても、十分な乳首の長さを確保しないと赤ちゃんが上手に吸うことができない可能性があります。

授乳を上げる際は、陥没している乳首には菌が溜まりやすいので、よく拭き取ってから母乳をあげてくださいね。

陥没乳首によってもたらす病気とは?

陥没している状態ですと乳頭の周りが不衛生になります。そして菌が繁殖することによって、乳管炎や乳腺炎といった病気になる確率が高くなってしまいます。

その中でも乳腺炎は陥没したあたりに炎症が発症して、こうした炎症が何度も繰り返し起きることにより慢性化してくることがあります。

こうした乳腺炎のことを慢性乳腺炎と呼ばれています。

慢性乳腺炎になりますと、抗生物質や解熱鎮痛薬によって症状を抑制する方法で治します。しかし、根源から治すとなると感染した乳腺や膿を切除する手術が必要になってきます。

仮性陥没乳頭の方は、乳頭を突出して常に清潔にすることで菌を入り込ませないことでケアしていきましょう。

重度の真性陥没乳頭の方は、治療器やマッサージなどで乳頭を突出させて綺麗に汚れを拭き取って上げましょう。

どうしても乳頭を出すことが出来ない場合には、早めに病院で治してもらいましょう。

陥没乳首を治すアイテムって何があるの?

重度の陥没乳頭になってきますと、なかなか難しいところがありますが、手術で治すといっても値段もかかりますし、とてもリスクも高いです。

なぜなら乳首は乳腺と言われる血管が張り巡られていますし、とてもデリケートな部分になります。

出来ることならば、手術をしないで、陥没乳首を治したいと誰もが思うはずです。

ここでは、陥没乳首を治すアイテムをいくつか紹介したいと思います。

乳首吸引器プチフィット

ソフト素材のポリエチレン製で、シリコンのような触り心地になります。使い方は簡単です。

付属のローションを乳首やその周り全体に塗って、固くなっているおっぱいを揉んで柔らかくして、プチフィットを乳首に押し当てて中心部の突起部分を押します。

そうしますと、ぎゅ~っと乳首が吸い付いて吸引される感じになります。その状態で24時間装着すると効果があらわれるとされています。

え~24時間装着って結構大変!とりあえず寝てる間につけてみました。痛みはそんなではないですけど、つけているとやっぱり気になりますね。

効果はあまりなかったですし、毎日装着するというストレスに勝てませんでした。けっきょく使わなくなってしまったので、あまりおすすめはできませんね。

電動乳首吸引器ドリームチャームアジャスト

電動乳首吸引器ドリームチャームアジャストは単4電池2本で振動を与えながら乳頭を吸引してくれる機械になります。

乳首のサイズに合わせたアタッチメントを装着して、手軽に出来るのが魅力になります。

毎分3000回の振動で吸引されますので、効果はかなり高いです。振動はリズミカルに動いて、20秒ごとに吸引⇒停止を繰り返しおこなわれます。

口コミでは刺激が強すぎる、ちょっと痛いなどありますが、重度の真性陥没乳頭で悩んでいる方には良いと思います。

まずは乳頭を突出させることと、その後の乳首のケアが大事になってきます。

一回目から乳首が出る人もいれば、そうでない人もいます。個人差はありますので、焦らずに続けていくことが重要です。

お風呂上がりに血行が良くなった状態で使用すると、乳首が出やすいと思います。

陥没乳頭改善専用クリーム ピュアナス

こちらの商品は吸引器と違ってクリームなのですが、定期コースで購入すると専用の乳頭吸引器がおまけでついてきます。
もう持っているって方は、Amazonや楽天で購入された方が安く購入できる可能性もあります。

それとホーイズム株式会社の商品で、セルノートというバストアップジェルがとても人気です。

バストアップ効果の高いボルフィリンを中心に配合されていますので、副作用の心配もございませんし、何より乳腺に浸透して気持ちよくマッサージが出来ますので、陥没乳首にも効果がありそうです。

いくら陥没乳首だからといっても、乳首ばかり刺激を与えるよりも胸全体を揉むようにマッサージをするほうが効果的です。

もし乳頭が突起した場合には、乳首が変色していたりして黒ずんでいる場合がございます。

黒乳首でもピンク乳首にする方法!

そんな時には、ピンキッシュボーテで乳首の黒ずみも解消できますので安心してくださいね。

陥没乳首をクリニックで治す

いろいろ試してみたが、陥没乳首が治らなかった方は手術を考えることでしょう。

まだ、なにも試してないで手っ取り早くクリニックで手術をおこないたいと考える方は、リスクがあることも知っておいてくださいね。

  • 金額が高い。保険適用でも4.5万円から普通ですと20万円以上もするケースも!
  • 治療跡が残ることもある
  • 通院をして日にちがかかる
  • 稀なケースですが元に戻る可能性もゼロではない

など、意外と大変なことがわかります。

少しでもリスク回避のために、色々試してみるのもよいかと思います。

陥没乳首の治療方法の流れ

カウンセリング⇒施術⇒経過観察の順にとりおこなわれます。

カウンセリングはとても大切ですので、気になる点を事前にまとめておくとスムーズにおこなわれます。

施術がはじめての方がほとんどでわからないのは当然ですので、どんどん質問をして悩みをなくしましょう。

クリニックによって施術の腕は様々ですので、クリニック選びは大変重要になります。

おすすめは胸に関する施術を専門としている池田ゆう子クリニックです。

豊胸手術から脂肪吸引まで様々な施術をおこなっています。手術の実績は1万件以上で、全部池田ゆう子先生がおこなってくれます。

先生が女性というのも魅力的ですね。男性ですと見られると恥ずかしくて嫌だって方にも安心です。

陥没乳首の術後の注意点とは?

陥没乳首の術後の注意する点をあらかじめ知っておきましょう。

乳頭部分は固定されていますので、そこの部分を避けてのシャワーだけでしたらOKになります。

入浴は抜糸をして、次の日から可能になります。飲酒は1週間お控えください。タバコは治療後は止めましょう。

運動やスポーツも1週間は止めましょう。なるべく乳首周辺に刺激がある動きは避けたほうがよいですね。

ブラジャーの着用も1ヶ月使用できないとされています。大きめのカップのブラで、刺激を与えないように付けるのはOKです。

陥没乳首の手術のQ&A

陥没乳首に関する疑問
Q陥没乳頭の手術は痛みは我慢できますか?
Aはい。痛みはありません。

陥没乳首の手術では、ちゃんと麻酔をしますので痛みは一切ありません。しかし、術後は乳首が突出している慣れない状態にありますから、少し違和感があると思います。麻酔が切れてきますと、個人差ですが痛みが多少ある方もいますので、痛み止めを処方してくれますので、飲んだら痛みも緩和されるでしょう。

Q施術後はどのような状態になりますか?固定とかされるのですか?
Aはい。固定されます。

手術後は1週間、乳頭が元に戻らないようにプロテクター固定をおこないます。

Q手術後、陥没乳首に戻ってしまうことはありますか?
Aはい。戻らないです。

よっぽどの重度じゃない限り、ほぼ元に戻ることはないとされています。

Q乳首の感度が鈍ったり敏感になったりするのでしょうか?
Aはい。可能性は高いです。

陥没乳頭の手術をおこない、乳首の感度が弱くなったりすることはありません。逆に今まで埋もれていた乳首が晒されるわけですから、術後は少し触れただけでも敏感になることもあります。しかし、時間の経過とともに慣れて平気になっていきますので問題ないでしょう。

Q授乳をすることは可能ですか?
Aはい。もちろん可能です。

術後は固定されているのでできませんが、無事プロテクターを外し終えたら授乳は可能になります。というより陥没乳首の状態ですと、授乳できないですから、むしろ手術をしたほうが良いですね。

Q男性でも手術は可能でしょうか?
Aはい。可能です。

女性だけでなく陥没乳首で悩む男性も多いです。しかし、女性と違って授乳することもないので、このまま放置する方も多いとされていますが男性でも手術可能です。

まとめ

陥没乳頭で悩む女性が10人に1人というのは多いような気もしますが、実際には軽度や中度の方もいれたら、それくらいはいるのでしょう。

陥没乳頭の治す方法として、最終手段として手術が挙げられますが、リスクもあるということを考えると、手軽にはやはり行えません・・。色々試してみたり、クリニックについてよく調べることが重要なポイントです。

実際、バストマッサージを念入りにしたことがないといった方がほとんどですので、乳腺を刺激しただけで陥没乳頭が治ったという方もいます。

陥没乳首がコンプレックスで触るのも嫌だと放置している方もいらっしゃいますが、自分の胸と向き合うことも大事だと思います。

たくさんの種類の陥没乳首の吸引器具もございますが、まずは育乳クリームでマッサージをおこない、乳腺を刺激することが最初は良いでしょう。