胸に関する悩み

生理前に乳首が痛い人いますか?原因はこれだった!

生理前に胸に違和感が起きて、乳首が痛い経験・・・辛いですよね。

特に生理前など乳首に異変を感じると悩んでいる女性って意外と多いのです。

胸全体がちょっと苦しくなり、乳首が痛くなってきたことで、生理が近づいてきたなって月経の目安にする女性もいるみたいです。
しかし、生理前に起こる問題のない現象なのか、はたまた違った症状なのか、間違った判断をしたら大変ですよね。

実際、妊娠の初期症状や乳腺炎などの病気、更年期の症状にも乳首が痛くなる症状があります。ここでは、乳首が痛くなる原因や解消方法について、詳しく紹介していきたいと思います。

乳首が痛い原因とは?

乳首の痛み

乳首が痛くなる原因は様々ですが、解消法もその原因にあった方法をしないと余計に悪化する場合がございます。ちくびの痛みの症状や原因とそれに合った解消法を紹介していきます。

PMS(月経前症候群)による乳首の痛み

PMS(月経前症候群)の痛み症状

生理前に起きるPMS(月経前症候群)による症状によるものが考えられます。生理前は何かと情緒不安定になり、イライラしたり不安になったりする方も多いかと思われます。

こうした症状のPMS(月経前症候群)は、女性ホルモンのバランスの乱れが大きく左右されるとされています。

女性ホルモンが崩れますと、精神的な作用だけでなく、胸のハリ、乳首の痛みといった症状も起きます。

PMS(月経前症候群)による乳首の痛み対処法

月経前は乳腺の血流が滞っている場合があるので、リンパの流れを良くするようにマッサージが有効になります。

それと同時にストレッチをすることで、胸周り、肩周り、デコルテといったバスト全体の血流も良くしてあげましょう。月経前は冷えによって血行が悪くなったりもします。お風呂でカラダを温めて血行をよくすることで、ストレス軽減にも効果的です。

それから、油っぽいもの、甘いものなど食生活、コーヒーなどのカフェインの摂取を控えるようにしましょう。また、タバコやお酒も控える方が良いでしょう。

PMSを改善するサプリもありますので、生理で悩んでいる方は是非試してみるのもおすすめします。

妊娠・出産による乳首の痛み

妊娠
妊娠・出産の痛み症状

妊娠しますと、まずプロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲンの分泌が活発になることで、女性ホルモンに大きく影響を及ぼします。

生理前の症状と似た症状で、胸がハリ、乳首が痛くなることがあります。これは授乳に向けて乳腺が発達するように、黄体ホルモンが活発に働くためだと言われています。

胸も大きく張って全体的に乳首や乳房も膨張して巨大化するために、痛みの症状を感じる女性も多いとされています。

妊娠・出産による乳首の痛み対処法

妊娠や出産をすると、胸が張ってブラジャーのサイズが合わなくなってきます。

ワンカップかツーカップ胸のサイズが大きくなることもありますので、使用しているブラジャーでは小さすぎて胸を圧迫してしまいます。

そこで、大きいサイズのブラジャーを着用するのがおすすめです。マタニティ専用のブラジャーも効果的になります。

しかし、胸のサイズは出産してから時間の経過と共に元のサイズに戻ってしまいますので、使用していた前のブラジャーは捨てずにとっておいた方が良いですよ。

あわせて読みたい
ブラジャーをかわいくリメイク!ポイっと捨てる前に!買い替え時もどうしてる?お気に入りのブラジャー。なかなかもったいなくて捨てられず、交換時期を過ぎているなんてこともしばしばではないでしょうか? 他にお気に...

授乳による乳首の痛み

授乳での痛み症状

授乳のトラブルはけっこう多く、乳首が痛くて母乳をあげれない、乳首に傷がついて細菌が入り込み乳腺炎になったなどのケースもあります。

赤ちゃんもお母さんもはじめて母乳をあげる方がほとんどですので、上手く母乳をあげれないことで回数が増えてしまい、乳首に傷をつけてしまうとされています。

授乳による乳首の痛み対処法

まず対処法として、赤ちゃんにきちんとしたおっぱいの飲ませ方をするのが鉄則です。

産婦人科でちゃんと指導して教えてくれるところもありますし、ちゃんとあげることでかなり乳首の痛みを軽減できます。

母乳の出もよくなることで、赤ちゃんにもストレスがなくなって良いことですよ。

もしそれでも乳首が切れてしまったり歯で傷がついてしまった場合は、乳首ケア専用クリームを塗りましょう。

赤ちゃんにも安全な成分を使用していますので、安心です。

また、すぐに歯を立ててしまう赤ちゃんには乳頭保護器などを使用して、乳首をガードして授乳するのも手ですよ。

成長期による乳首の痛み

成長期
成長期のおっぱいの痛み症状

小学生の高学年から中学生、遅い人でも高校生くらいになりますと胸が女性らしくふっくらとしてきます。

思春期の成熟していないカラダに女性ホルモンが分泌されることで、胸全体、乳首に痛みが生じる成長痛になることがあります。

成長期による乳首の痛み対処法

思春期による女の子の成長期は生理がきたり、脚の関節が痛くなったり、胸がふっくらとしてきたりと、からだの変化がものすごく起こります。

急激に子供だったのが、大人に成長していくわけですから、とても心配になります。

しかし胸の痛みや乳首の痛みは大人の階段を昇る成長痛ですので、時期がくれば痛みはなくなっていきます。

下手に揉んだりマッサージはしないほうが良いでしょう。

成長がし終わっても尚痛みが治らない場合は、一回医師に診てもらいましょう。

ストレスによる乳首の痛み

ストレスでのおっぱいの痛み症状

ストレスが溜まりますと女性ホルモンのバランスが崩れて、バストにも影響を及ぼす可能性があります。

胸の痛みから始まって、乳首の痛みにもつながっていきますので、日常的にストレスを溜めない生活を心がけましょう。

ストレスによる乳首の痛み対処法

ストレスで乳首の痛みって起こったりするの?と思いがちですけど、実際ズキズキしたりヒリヒリしたり、激痛が起こる場合もあります。

ストレスが起こることでカラダの中では、やはり女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。

痛みを軽減する方法は、ストレスを軽減してあげるのが一番の近道になります。ストレスでなった乳首の痛みは、やはり日常的にストレスを溜めない生活を心がけることが重要です。

良質な睡眠、食生活の改善、適度な運動の3つをおこなえばかなり軽減するのではないでしょうか。

アロマオイル

また、アロマテラピーもストレス軽減にとても効果があるとされています。特に快適な睡眠を促してくれるラベンダーや、不安を取り除いてくれるベルガモット、リラックス効果の高いオレンジ・スイートがおすすめです。

ラベンダーの匂いはとても強いので、使用する際は1~2滴でOKですよ。混ぜて使用することも可能です。私のおすすめはオレンジ・スイート2滴、ゼラニウム2滴、ラベンダー1滴のブレンドでとても良い匂いでリラックスしますよ。

乳腺炎による乳首の痛み

乳腺炎での痛み症状

乳腺炎は母乳つまりや、赤ちゃんの歯などで傷ついたとこからの細菌が原因で起きる胸の乳腺が炎症する感染症になります。

胸にチクチクする痛みや胸が熱っぽくなる症状がありましたら、乳腺炎の可能性がありますので、お医者さんに診てもらいましょう。

乳腺炎での痛み対処法

赤ちゃんにおっぱいをあげる際、左右バランスよく授乳をされたり、授乳前に圧抜きをすることで予防しましょう。

乳腺炎になると、炎症を起こして熱を持っていますので、冷やすのが効果的です。アイスノン、熱さまシート、冷えピタなど薬局で売っているもので構いません。温めると更に悪化してしまう恐れがありますので注意してください。

それからPMSの時同様、カフェインの摂取は控えるようにしましょう。ノンカフェインの麦茶やたんぽぽ茶が、授乳中のママさんには人気です。

乳腺症による乳首の痛み

乳腺症の痛み症状

乳腺症は30代後半~50代の女性に起こりやすいとされています。女性ホルモンバランスの乱れによって起きるもので病気ではないです。乳腺症の症状として、乳房が張ったり乳首が痛いのとシコリを感じることがあります。

シコリがあることにより乳がんの心配もありますが、乳腺症=乳がんではなく、リスクは低いとされています。生理が終わると痛みは静まっていきます。

乳腺症の痛み対処法

乳腺症による対処法は、ホルモンバランスが崩れることが原因とされていますので、生活習慣や食生活の見直しで整えるのが第一に考えられます。

良質な睡眠をとることと、ストレスを溜めない生活が大事になります。

食生活は大豆や乳製品が良いとされています。大豆は女性ホルモンを活発にさせてくれて、乳製品はカルシウムによってストレスを緩和させてくれるとされています。イライラしていると、カルシウム不足なの?って言われるくらいですものね。

更年期による乳首の痛み

更年期での痛み症状

更年期は40代前半から、閉経前後10年間に起きる様々な症状のことです。

更年期障害は、頭痛、めまい、イライラなどの精神神経系から食欲不振、吐き気、便秘といった消化器官系まで色々な症状があります。その中で、あまり知られてはいませんが、乳首が痛くなることもあります。

卵胞ホルモンの分泌量が急激に下がって、黄体ホルモンの分泌量が上がることで女性ホルモンのバランスが乱れることで、乳首の痛みが生じるとされています。

更年期による乳首の痛み対処法

更年期による乳首の痛みは、まずホルモンバランスを改善して更年期障害を緩和させてあげることが重要になります。

食生活で大豆イソフラボンを摂り入れるのが有効とされています。大豆イソフラボンはエストロゲンと同じ機能を持つとされています。

また、女性ホルモンサプリを服用することで、ホルモンバランスも解消されます。

効果も高いですが、摂りすぎには注意して正しい服用をしてくださいね。

乳首の痛みが気になるようなら病院へ

産婦人科

痛みがひどくおさまらない場合は、我慢しないで産婦人科や乳腺外科で受診してください。決して自己判断しないでくださいね。

産婦人科や乳腺外科では、マンモグラフィー検査、超音波検査をおこなうことで、乳がん検査も診てもらえますので安心ですよ。

まとめ

乳首が痛くなる原因ですが、PMS(月経前症候群)と妊娠と症状が似ているので注意が必要だと感じました。

対処法は、どの原因に関しても女性ホルモンの乱れによるものがほとんどでしたので、食生活や生活習慣の見直しが必要不可欠ですね。

授乳中のママさんは、しっかりとおっぱいの上げ方を覚えることが重要です。

更年期の女性は女性ホルモンサプリで、ホルモンバランスを整えるのがおすすめですね。